空調服とは

空調服とは、、

「空調服」とは服に付いた小型ファンで、服の中に外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことにより、汗を気化させて、涼しく快適にすごしていただくための商品です。

使用するエネルギーもエアコンなどに比べて格段に少なく、環境にも配慮した製品です。
工場や屋外作業などエアコンの使用できないような環境でも、快適にすごしていただけるようになります。

ファンから服の中に毎秒約20リットル(500kcalシリーズ)の外気が取り込まれます。

取り込まれた空気は、服と体の間を平行に流れ、その過程でかいた汗を気化させます。

体は気化熱を奪われて冷え、服の中を通った暖かく湿った空気は、襟元と袖口から排出されます。

どうして空調服を着用すると涼しいの?
~生理クーラー理論~

汗の気化熱で体温をコントロールする生理クーラー

人間には脳を制御装置とする理想的なクーラー、(皮膚や体が温度センサー、汗腺がマイクロクーラーの役割を担い、暑くなると脳の指令で汗腺から必要量の汗を出し、汗の気化熱で体温をコントロールする)生理クーラーが備わっています。しかしながら汗を気化させる為に体表面に送風する機能はなく、生理クーラーの効く温度範囲は広くありません。空調服や空調ベッドは体と平行にファンで送風することで生理クーラーの有効範囲を拡大します。

右図は空調服の場合での説明図です、左図は一般の服を着ている場合で、横軸は温度、左縦軸は人が感じる暑さ・寒さ、右横軸は発汗量を示しています。個々人で多少異なりますが、Aの領域(20℃以下)では寒く汗は出ていません。Bの領域(20~26℃)は快適な範囲です。この時には脳からの指令で汗が出ますが、量が少ないためにすぐに蒸発して、丁度よく体温をコントロールしています。Cの領域では体温をもっと冷やせという脳からの指令で、より多くの汗が出て完全蒸発出来ずに一部が液体状の汗となってしまいます。汗は蒸発しなければ体を冷却することができないので、いわゆる『汗』が出ると生理クーラーの有効範囲をはずれてしまい暑苦しくなります。

生理クーラー機能を利用し快適な状態を保つのが空調服

これに対し、空調服を着用し体と平行に大量に空気を流した状態が右の図で、汗の完全蒸発=生理クーラーが効いている状態=快適 な範囲を大幅に広げる事ができます。室温を生理クーラーの効く温度範囲にする為の手段がエアコン等であり、生理クーラーが効く温度範囲を広げるのが空調服で、いずれにしろ人間にとって快適な条件とは唯一生理クーラーが効いている時なのです。

空調服の着用効果

身体に対する効果

  • 生理クーラー(参照)により、身体が求める最適な状態に体表を冷やします。冷えすぎる事はなく、常に「快適なあたたかさ」の状態となります。
  • 無駄な汗をかく事がなくなり、体力の消耗を抑える事ができます。
  • 汗がすぐに蒸発しますので、汗臭がなくなります。
  • 汗がすぐに蒸発しますので、汗疹(アセモ)など汗による皮膚病になり難くなります。

各種作業能率の改善効果

人間は各種の作業をする事により、産熱量(体が発生する熱量)が増加 しますので、体温を一定に保つ為には産熱した分を放熱(冷却) しなければなりません。

 したがって、暑い所での作業や、重労働を行う場合、連続して同種作業を続 ける事は出来なく、一定時間毎に充分な休息をとり、その間に身体を冷やさな ければなりません。

 作業内容をカバーするに十分な空調能力のある空調服を着用することにより 汗の蒸発により必要量の冷却を行う事が出来ますので、連続作業が可能となり ます。

 例えば、30分作業し、30分休憩しなければならない様な作業現場に、空調服を導入する事により、連続して作業が出来る様になり、作業効率を2倍に上げる事が可能となります。

空調服導入による利益改善効果

空調服を使用することにより作業効率が上がり、結果的に大きな利益改善が図られます。

給与等+社会保険料の企業負担分+福利厚生費等+通勤費等社員1人にかかる人件費などを月額50万円と仮定します。

なお、作業効率が例えば10%上がれば10人で11人分の仕事ができる、または11人で行う仕事が10人で行えると仮定します。

通常空調服は3年程度は使用できるので、3年間の利益改善効果を示します。空調服を使用する期間を6月~9月の4ヶ月と仮定します。 

使用期間の人権費等=3×4×50=600万円

使用期間中の作業効率が平均2%向上した場合 : 600*0.02= 12万円
使用期間中の作業効率が平均5%向上した場合 : 600*0.05= 30万円
使用期間中の作業効率が平均10%向上した場合 : 600*0.10= 60万円
使用期間中の作業効率が平均20%向上した場合 : 600*0.20=120万円

このように空調服導入により驚くべき利益改善が図れます。

エネルギー・コストに対する効果

空調服を一日10時間着用した場合、1ヶ月の電気代(充電式ニッケル水素 乾電池を用いた場合)は500キロカロリータイプでは、約20円となります。

地球環境問題に対する効果

総発電量を少なく出来る事はもちろんですが、特にクーラーを多用する先進 国の場合、ピーク時電力は暑さにより決まるため、例えば東京の場合、10年に一度程度は40℃を超える事がありますが、その際の停電を防止するためには、それ相応の発電設備を備えて置く必要があります。 空調服社会が実現すれば、原子力発電所を含めた発電設備を大幅に縮小する事が出来る事になり、地球環境保全に大いに役立つ事となります。

空調服を導入することにより夏場の電力消費を抑えることが可能です。
また、地球の温暖化の対策としても有効であると考えています。

工場導入シミュレーション

使用条件

1000平米(31m×32m)の面積で、特に大きな発熱源の無い工場に50人が作業していると仮定する。

夏季の電力料金(6,7,8,9月で想定 6,9月は7,8月の70%の費用と考える)

冷却装置の種類 6月 7月 8月 9月 合計
エアコン電力料金 259,000円 370,000円 370,000円 259,000円 1,258,000円
空調服 電力料金 788円 1,125円 1,125円 788円 3,826円

空調服の初期投資金額はエアコンの夏季1シーズンの電力料金以下です。

エアコン使用の場合、屋内を冷やした以上の熱量を外部に排出するしくみの為、排熱量が大きいという問題点はさけられません。また、エアコンの排熱は、ヒートアイランド現象の原因と考えられています。これに対して、空調服は気化熱を利用して、体の周りの熱をうばう仕組みのため、排熱はいっさい起こりません。今回はシミュレーションですが、御社の夏季の電気料金を参考に、コストを比較してみてください。

・参考:電気料金の決定方法 (東京電力の例) ・契約電力の決定方法(実量制)

契約電力は、当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値となります。 ただし、電気使用開始から1年間の各月の契約電力は、電気使用開始月からその月までの最大需要電力のうち最も大きい値となります。

最大需要電力とは?

お客さまがご使用された電力を30分毎に計量し、そのうち月間で最も大きい値を最大需要電力といいます。この値は、同時にお使いになる負荷設備が多いほど、大きくなります。


【例】平成×年7月に電気使用開始の場合

空調服導入事例・使用例のご紹介

架線金具の鍍金(めっき)工程現場

部品の鍍金(めっき)工程において400℃超の高温の溶液を使用する環境への導入

着用者の方は「頭がボッーとしなくなった」「不良品が減った」「精神的に余裕が出来た」などのうれしい感想をいただいております。

電力設備工事など

主に屋外で作業される作業員の方の、酷暑期の労働環境改善および熱中症対策を目的

導入年度着用者の方で熱中症が1件も発生しなかったと、うれしい声をいただいております。

レーシングカー(クールクッション)

レース用の体がすっぽりはまり込むタイプの椅子を使用する為、レース中はお尻や背中が汗でベットリになることを解消するため導入。

汗でベットリになることも無く快適に運転できる様になったと喜びの声をいただいております。

ビルの建設現場

建設現場等で鉄筋を組み立てる夏の現場では直射日光が照りつけ、剥き出しのコンクリートからの照り返しもあり、じっとしているだけでもとにかく暑い。そんな過酷な環境下で、重い鉄筋を担いだり、作業の為に動き回ると、終業時には暑さと体力の消耗が激しかった。

炎天下でも体の動きが楽になり、水分補給や休憩の回数も減り、仕事の効率が上がる。終業時の体のほてりもなくなりました。

イベント用のウェア

展示会やカンファレンスイベントで着用

イベント用空調服はお客様の目を引きますので、多くのお客様から話しかけられ、お客様との会話のきっかけとなりました。 また、夏に着用すれば、涼しく体のほてりがなくなりますので、暑さによる体調不良の対策によいと思います。

建設機械部品の制作現場

夏場の溶接環境は超苛酷。溶接ガスが吹き飛ぶと溶接ができないので、強風厳禁。しかも鉄が溶けるほどの高温の側での作業。もちろん危険なので長袖は必須。

スポットクーラーは高価な上、一緒に移動できないので不便。空調服は作業の邪魔になることもなく好評です。

舗装及び外構工事現場

初夏から晩秋にかけての舗装工事現場は上からは刺すような日差し、下からはアスファルト合材(※160℃近くの世で言う暑さによる体調不良対策

業環境改善による各位のモチベーションの向上や作業効率のUPはもちろんのこと、得意先からも暑さによる体調不良対策の好例としても評価され安全意識の高い会社という好印象もいただけ各所で評判です。

使用場所:高層ビルの建設現場

空調服は暑さによる体調不良対策

体調不良対策が認められ毎シーズンご使用いただいています。

電線の保守作業現場

電線の保守作業にご利用いただいています。特に山間部では毎年ハチに刺される事故があり、薄着での作業はできずに、夏場は暑さで非常に苦労をなさっていたそうです。

空調服を導入後は、涼しく快適に作業を行う事ができたと喜びの声をいただきました。 また、服が膨らむため、ハチの針(約8mm)が届かず、ハチ刺され防止にもなります。

ゴム成型現場

真夏の成形現場の室内温度は40℃を超える過酷な条件で、現場の冷却方法に。

高い冷却効果を発揮

接着絶縁レール接着作業の現場

接着作業は、ホコリを嫌うため扇風機は使えない上、レールを60℃に加熱して使うため夏場は極めて過酷な作業環境での冷却対策に導入。

みかんの摘果作業など

夏季の防除や摘果、草刈りなどの過酷な高温環境の中で、作業負担を軽減するために空調服を導入。

「休憩時間や水分摂取量が半減した」、「皮膚炎などにかけていた薬代が浮いた」 「夏場の作業着として必需品になるのでは」などのうれしい感想をいただいております。

その他のご使用例

ご家庭での使用

  • 掃除、洗濯
  • 庭掃除、日曜大工
  • 犬の散歩、買物
  • 通勤、通学
  • ガーデニング

会社・工場での使用

  • 荷物の搬送
  • 倉庫作業
  • 屋外での作業
  • 空調のない現場での作業
  • 高温の場所での作業

アウトドアでの使用

  • キャンプ、ハイキングで
  • スポーツ観戦
  • 軽い運動時
  • 釣り、ゴルフ
  • ウォーキング
Top