Nクール®ウェアとは

Nクール®ウェアとはNSPオリジナル仕様の電動ファン付ウェアです。

NSPオリジナル電動ファン付ウェア『Nクール®ウェア』は、真夏の作業現場で涼しさを得られるファン付きウェアです。

服に付いた小型ファンで、服の中に外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことにより、汗を気化させて、涼しく快適にすごしていただけます。

ベスト、半袖、長袖、パーカーなどの標準形状に加えて、フルハーネス型や上部ファン型、反射材付きベストなど取り扱いも豊富。36種類x多彩なカラー・柄からお選びいただけます。

暑さを感じやすい首元には、独自の技術「ジェットスペーサー」や「タチエリスペーサー」で体全体に涼しい風が滞ることなく行き渡ります。直射日光による熱上昇を防ぐ、紫外線99%・赤外線98%カットする「スーパーチタンコーティング」加工で繰返し洗濯にも強いです。その他、様々な機能を兼ね備えた『Nクール®ウェア』を是非ご体感下さい。

Nクール®ウェア驚きの性能

Nクール®ウェアとはNSPオリジナル仕様のファン付ウェア(空調服®)です。

ジェットスペーサー特許出願中

風路確保で涼しさ段違い!

Nクール®ウェアは背中と肩の特殊スペーサー仕様により、立体的に風路を形成し、ファンから取り込んだ風を背中から首筋へ通す設計になっています。

涼しさ段違い

改良点
ジェットスペーサー™専用ポケットの素材はパワーネットに変更となり、
スペーサーが抜けにくくなりました。
※2021年度製作分より変更。旧仕様と混在する可能性があります。
※ウェアの仕様によりスペーサーの本数が異なります。
※洗濯の際は、ウェアのファスナーを閉め、ネットに入れて洗って下さい。

Nクール®ウェア(ジェットスペーサー™仕様)はただ涼しいだけではありません。
従来品では涼しさが得られなかった場面でも確実に効果を発揮します。

 

Point1  
首筋を流れる大風量、屈んだ姿勢でも風が流れます。

屈み姿勢

屈み姿勢

●屈み姿勢でもウェア内に空間を確保し風が
流れます。
●屈み姿勢の作業が多い建設現場や農作業等におすすめです。

Point2  
ウェアの上にフルハーネスや刈払機を着用しても風が流れます。

フルハーネス

フルハーネス

●上からフルハーネスを着用しても、ウェア内に空間を確保し風が流れます。
●従来のフルハーネスの上にウェアを着用するタイプのような着脱の難しさも無く、フルハーネスの着用が一目瞭然で安全管理も向上します。

刈払機

刈払機

●刈払機の肩ベルトをかけても風が通り抜ける為、草刈作業におすすめです。

リュック

リュック

●リュックを背負っても風が抜ける為、通勤やアウトドア等におすすめです。

スーパーチタンコーティング効果

スーパーチタンコーティング™仕様は、

業界最強クラスの遮熱性能
約23℃の遮熱を実現!
(JIS L 1951遮熱試験)
耐水圧 約26,000㎜
(JIS L 1092 B法 耐水圧試験)

※一部商品ではスーパーチタンコーティング™されていないものがあります。
※2020年のNクール®ウェアより採用された仕様です。

チタンコーティング

赤外線遮蔽率試験

①紫外線99%・赤外線98%カット

②洗濯してもコーティングが落ちない。

(50回洗濯後:赤外線約96%カット)

赤外線遮蔽率試験結果 ※第三者機関調べ

区 分 ポリ100%
スーパーチタン
コーティング
初 期 約98%
50回洗濯後 約96%

遮熱試験

遮熱率S55(55%以上65%未満)

s55ロゴ

遮熱試験結果

試験項目 試験結果
遮熱率(%) 55
区分記号 S55

※試験方法(JISL 1951)
試料側からランプ光を照射して
裏面の温度を測定しました。

20℃以上の遮熱!(直接照射との比較)

経過時間
(分)
スーパーチタン
コーティング
ランプ光
直接照射
0 20.0 20.3
1 24.3 39.9
5 31.5 54.6
10 34.5 56.7
15 35.6 57.3
20 36.7 58.0
25 36.7 57.8
30 36.9 57.9

遮熱試験グラフ

上部ファンの特長特許出願中

 

フォークリフトや重機等の作業中に、背もたれにファンが当たりにくい
上部ファン仕様は様々なシーンで活躍しています。

上部ファン01
上部ファン02

オススメ 7 Point (通常ファンと比較)

  • 脇下にダイレクト送風でより涼しい。
  • リフト・重機等の作業でも、背もたれにファンが当たりにくい。
  • ウェアの上に反射ベストを着用しても、反射材にファンが当たらない為、風の吸い込みに支障が出にくい。
  • フルハーネスを上から着用した際、腰ベルトがファンに当たらない。
  • 腰回りに道具袋等取り付ける際、ファンが邪魔にならない。
  • 刈払機や生コンポンプ車のホース等、腰付近に器具が当たる作業でファンが邪魔にならない。
  • ファンの位置が高いので、地面の熱気や舞い上がったゴミ等を吸い込みにくい。