空調服の導入事例

空調服導入事例・使用例のご紹介

架線金具の鍍金(めっき)工程現場

部品の鍍金(めっき)工程において400℃超の高温の溶液を使用する環境への導入

着用者の方は「頭がボッーとしなくなった」「不良品が減った」「精神的に余裕が出来た」などのうれしい感想をいただいております。

電力設備工事など

主に屋外で作業される作業員の方の、酷暑期の労働環境改善および熱中症対策を目的

導入年度着用者の方で熱中症が1件も発生しなかったと、うれしい声をいただいております。

レーシングカー(クールクッション)

レース用の体がすっぽりはまり込むタイプの椅子を使用する為、レース中はお尻や背中が汗でベットリになることを解消するため導入。

汗でベットリになることも無く快適に運転できる様になったと喜びの声をいただいております。

ビルの建設現場

建設現場等で鉄筋を組み立てる夏の現場では直射日光が照りつけ、剥き出しのコンクリートからの照り返しもあり、じっとしているだけでもとにかく暑い。そんな過酷な環境下で、重い鉄筋を担いだり、作業の為に動き回ると、終業時には暑さと体力の消耗が激しかった。

炎天下でも体の動きが楽になり、水分補給や休憩の回数も減り、仕事の効率が上がる。終業時の体のほてりもなくなりました。

イベント用のウェア

展示会やカンファレンスイベントで着用

イベント用空調服はお客様の目を引きますので、多くのお客様から話しかけられ、お客様との会話のきっかけとなりました。 また、夏に着用すれば、涼しく体のほてりがなくなりますので、暑さによる体調不良の対策によいと思います。

建設機械部品の制作現場

夏場の溶接環境は超苛酷。溶接ガスが吹き飛ぶと溶接ができないので、強風厳禁。しかも鉄が溶けるほどの高温の側での作業。もちろん危険なので長袖は必須。

スポットクーラーは高価な上、一緒に移動できないので不便。空調服は作業の邪魔になることもなく好評です。

舗装及び外構工事現場

初夏から晩秋にかけての舗装工事現場は上からは刺すような日差し、下からはアスファルト合材(※160℃近くの世で言う暑さによる体調不良対策

業環境改善による各位のモチベーションの向上や作業効率のUPはもちろんのこと、得意先からも暑さによる体調不良対策の好例としても評価され安全意識の高い会社という好印象もいただけ各所で評判です。

使用場所:高層ビルの建設現場

空調服は暑さによる体調不良対策

体調不良対策が認められ毎シーズンご使用いただいています。

電線の保守作業現場

電線の保守作業にご利用いただいています。特に山間部では毎年ハチに刺される事故があり、薄着での作業はできずに、夏場は暑さで非常に苦労をなさっていたそうです。

空調服を導入後は、涼しく快適に作業を行う事ができたと喜びの声をいただきました。 また、服が膨らむため、ハチの針(約8mm)が届かず、ハチ刺され防止にもなります。

ゴム成型現場

真夏の成形現場の室内温度は40℃を超える過酷な条件で、現場の冷却方法に。

高い冷却効果を発揮

接着絶縁レール接着作業の現場

接着作業は、ホコリを嫌うため扇風機は使えない上、レールを60℃に加熱して使うため夏場は極めて過酷な作業環境での冷却対策に導入。

みかんの摘果作業など

夏季の防除や摘果、草刈りなどの過酷な高温環境の中で、作業負担を軽減するために空調服を導入。

「休憩時間や水分摂取量が半減した」、「皮膚炎などにかけていた薬代が浮いた」 「夏場の作業着として必需品になるのでは」などのうれしい感想をいただいております。

その他のご使用例

ご家庭での使用

  • 掃除、洗濯
  • 庭掃除、日曜大工
  • 犬の散歩、買物
  • 通勤、通学
  • ガーデニング

会社・工場での使用

  • 荷物の搬送
  • 倉庫作業
  • 屋外での作業
  • 空調のない現場での作業
  • 高温の場所での作業

アウトドアでの使用

  • キャンプ、ハイキングで
  • スポーツ観戦
  • 軽い運動時
  • 釣り、ゴルフ
  • ウォーキング

空調服のしくみ

詳細はこちら

空調服の効果

詳細はこちら

ご使用例

詳細はこちら

導入シミュレーション

詳細はこちら

導入事例

詳細はこちら
Top