職種別Nクール®ウェアの選び方 – 自分に合ったベストな選択をしましょう

職種別にどのような空調服®が最適なのかまとめました。目次からご確認ください。

目次

屋外工事

屋外工事では直射日光対策が重要です。チタン加工を施したポリエステル素材により、紫外線や赤外線を防ぎ、熱の蓄積を抑えるができます。
ポリエステル素材は防水性が高く、少しの雨にも対応できます。
重量物を運ぶことがあれば、肩や袖口に補強の入ったものが望ましいです。特に、ポリエステル素材は破れやすく必須です。
部材の持ち運びに屈むことが多い場合や背負うことがある場合は、一般的な空調服®では空気の流れが遮断され、一瞬風が止まり、暑さを感じることがあります。
ジェットスペーサーを内蔵したNクール®ウェアは風が止まる不快感を感じさせません。

高所作業

高所作業でフルハーネスをご使用の場合は、 ジェットスペーサー仕様のNクール®ウェアがおすすめです。
通常の空調服®だと、フルハーネスを着用した際に空気の流れが妨げられるため、
フルハーネスを着用した上に、空調服®を着用し、専用口にランヤードを取り付ける必要があります。
フルハーネスを何度も取り付け・取り外しする場合、毎回の点検が煩わしいですよね。

Nクール®ウェアの場合、背側のジェットスペーサーのおかげでNクール®ウェアの上からフルハーネスを着用しても、風の流れが保たれるため、快適に作業を行うことができます。
ハーネスの着脱が容易になり、また安全確認を目視で行える大きなメリットがあるので、高所作業を行う方にはぜひNクール®ウェアの快適な使用感を体験していただきたいです。

重機・リフトオペレータ

重機やフォークリフトに座って作業されるオペレータには、空調服®は欠かせません。
上部ファン仕様のNクール®ウェアがよいでしょう。


座席の背もたれにファンが当たると気になって作業がはかどりません。このため、 ファンの位置が上部についているNクール®ウェアを選ぶのがオススメです。
Nクール®ウェア上部ファン仕様をご検討ください。

道路工事

道路工事では、安全反射ベストが用いられます。
空調服®の上から安全反射ベストを着るのも、暑い中で重ね着になってしまいます。
チタン加工付で、安全反射帯がついたNクール®ウェアをお求めになるとよいでしょう。
Nクール®ウェアNC-1071かNC-1072(上部ファン仕様)をご検討ください。

倉庫、屋内軽作業

屋内作業では紫外線の影響がないため、チタン加工付のNクール®ウェアは必要ありません。
コストパフォーマンスに優れるポリエステル素材のNクール®ウェアを選ばれるとよいでしょう。
火花が散る業務では、ポリエステルは穴が開きやすいので、綿素材をお選びください。
中腰や屈みこみ作業が多い場合は、 屈んでもからだの隙間が保てるNクール®ウェアが最適です。背中のジェットスペーサーの働きで、どのような姿勢でも空気の流れが保たれて、快適に作業することができます。

電気工事

綿素材のNクール®ウェア を選ばれるのがよいでしょう。
ポリエステル素材は静電気を帯びやすく、引っ掛けたりすると破れやすい為避けたほうが賢明です。
また、作業中にハーネスなどの装備を着用する場合、 Nクール®ウェアがおすすめです。背中のジェットスペーサーの働きで、どんな装備を着用しても、どのような体勢でもファンの空気の流れる隙間ができるため、快適に作業することができます。

大工

チタン加工でUVカット

直射日光対策が重要なので、 チタン加工で赤外線カット機能のある、ポリエステル素材がお勧めです。
ポリエステル素材は防水性に優れたものが多く、少しの雨にも対応できます。
肩や袖口の補強のあるものを選びましょう。
どんな姿勢でも風が通ります。
また、一般的な空調服®では屈みこむと風が止まることがあり、不快感を感じることがあります。Nクール ®ウェアは常にからだとの間に隙間があるので風がスムーズに通り、不快感を感じさせません。

農業

直射日光対策が重要なので、チタン加工でUVカット機能があるポリエステル素材がお勧めです。
重い荷物を運ぶ仕事の場合、肩や袖口の補強のあるものを選びましょう。
また、一般的な空調服®では屈みこむと風が止まることがあり、不快感を感じることがあります。 Nクール®ウェアは常にからだとの間に隙間があるので風が通り、不快感を感じさせません。
直射日光対策、冷却、ハチ刺され防止と導入のメリットが多いです。
服が膨らむため、ハチの針(約8mm)が届かず、ハチ刺され防止にもなります
屋外向けのNクール®ウェアNA-1011をショップで見る

介護

屈んだり、抱き起こしたり、色々な体勢でも風が止まらないNクール®ウェアがお勧めです。
機能をシンプルに絞った、コストパフォーマンスが高い空調服®です。
コストパフォーマンスに優れた、ポリエステル素材のNクール®ウェアが最適でしょう。
屋外での作業がないなら、チタン加工などの付加価値は抑えて、コストパフォーマンスで選びましょう。
コストパフォーマンスに優れたNクール®ウェアの製品はNC-3011です。

デスクワーク

空調服®は、部屋全体の空調に対して、個人の空調になり、電気代が安価に済みます。
業務中に半袖やベストは腕の汗が気になります。このため、 綿素材の長袖がよいでしょう。
静寂な室内ではファンの音が気になります。暑いときは大風量で風を出したくなり、ファン音も高くなります
また、背もたれに背中が密着するため、空気の流れが遮断されます。
Nクール ®ウェアはジェットスペーサーで風の通り道を作り、通常の5倍の風速で首元を冷やすので、ファン音も小さく最適です。
綿素材のNクール ®ウェアNA-2131をショップで見る

レジャー

釣りなどのアウトドアは動きやすいベストタイプか、ストレッチ素材のNクール®ウェアがよいでしょう。
NA-3081は軽量かつスタイリッシュなパーカータイプです。
NC-1121はベストタイプで、スーパーチタン加工により熱の蓄積を抑えることができます。
長袖タイプのNクール®ウェアは、腕まで風が流れて涼しく、腕の日焼けを防ぐことができます。
また、Nクール®ウェアにはベストタイプもラインナップされているので、取り回しを求めるならベストタイプをお選びください。
Nクール®ウェア NC-1071は反射材つきで視認性が高いので、夜釣りをする方にオススメです。

一覧から選びたい

Nクール®ウェア総合カタログ(PDF)をご覧ください。
服の素材や形状、またオススメの使用環境が一覧でまとめられているので、様々な条件から選ぶ場合はこちらをご確認ください。

Nクール®ウェアは豊富なラインナップを取り揃えております。 あなたに合った空調服®がきっと見つかるので、ぜひともお買い求めください。

関連記事

  1. ベスト・長袖・半袖、どれが涼しい? – 2024年版Nクール®ウェアのご紹介

  2. Nクール®ウェアの着用で得られる効果 – 空調服の仕組みで快適な環境を作ります

  3. 空調服®の疑問にお答えします – 購入して失敗しないためのQ & A集

  4. プロが選ぶ電動ファン付作業着 – 目的別に適したNクール®ウェアを紹介します

  5. 電動ファン付ウェア(空調服®︎)の仕組み

  6. Nクール®ウェア 2023年版 特徴と機能の紹介